自律神経失調症を改善して健康体へ~症状改善マニュアル~

検査ができる病院

大腸内視鏡検査を受ける時の注意点

笑顔

横浜の内科の病院では大腸内視鏡検査を受けることができ、大腸がんなどの大腸の病気を早期発見することができます。早期発見することにより、早期治療をして病気を完治させることにつながります。 横浜の内科の病院で大腸内視鏡検査を受ける時には、医師からの説明をしっかりと聞き、注意事項を厳守することが大切です。注意事項を守らないと、きちんとした検査ができなくなります。 大腸内視鏡検査を受ける前日は、夜の9時までに夕食を食べることが必要です。食事制限があり、前日に食べることを禁止されている食品もありますので、十分に注意をします。 大腸内視鏡検査を行う当日には、検査を行う前に検査の同意書に署名と捺印をすることが必要になります。

大腸の内視鏡検査の豆知識

大腸内視鏡検査は痛いのではないかと不安に思っている人がいますが、横浜の内科の病院では、無痛内視鏡検査を行っています。痛みを感じずに検査が受けられますので、苦しんで検査を受けるような心配はありません。 横浜の内科の病院で無痛内視鏡検査が可能な理由は、検査を行う内科医の技術力が優れているためです。横浜の内科医は、熟練した内視鏡操作の技術を持っており、患者さんは検査中に痛みを感じることなく、ウトウトしているうちに検査は終わります。 最近の医療機器の性能は飛躍的に向上しており、精度の高い大腸内視鏡検査が可能になっています。腸内の様子は、ハイビジョン映像によって確認できるため、微小な病変も容易に発見することができます。