自律神経失調症を改善して健康体へ~症状改善マニュアル~

治療で活躍

内視鏡での剥離術が行なわれています

困る

日本人に多い胃がんの治療では、これまでは主に開腹手術が行なわれてきました。内視鏡は極早期の小さな病変のみに適用されてきたのです。現在、こうした内視鏡治療の適用がさらに広がっています。これまでは内視鏡での治療が難しかった比較的広い病変や潰瘍の場合にも、最近では治療出来る可能性が出てきたのです。 こうした状況の背景には、内視鏡治療の技術が上がっていることや手術器具の進化どが大きく関わっています。開腹手術の場合には、体力が元に戻るまで一定の時間がかかりましたが、内視鏡での胃がん治療では比較的スムーズな回復が可能になるのです。合併症や後遺症のリスクも抑えられ、メリットは大きいと言えます。このような胃がんの治療法があることを押さえておくと、いざという時に役立ちます。

治療の条件が変化しています

こういった内視鏡での胃がん治療を行なう場合には、いくつかの条件をクリアする必要があります。周辺組織への転移が疑われないことや進行の比較的緩やかな分化型のがんであることなどが主な適用の基準となる訳です。これまでは、このよう適用を決めるのは、主に病変部分の大きさでした。一般的には2センチ以下であることが従来の内視鏡治療では一つの条件とされてきた訳です。 現在試みられている新しい方法では、2センチ以上の病変の場合にも転移がない場合治療が適用されることがあります。一つの塊として切除出来るか否かということが大きな基準となる訳です。従って、がんの大きさは適用を判断する際の一つの参考として認識されるようになっています。